DSC_0019.JPG
DSC_0019.JPG

​西表島移住20周年記念

​初めて西表島を訪れた36年前の記憶を思い出す。

​西表島Memory

1985年夏、当時私の愛読書?であった”週刊プレイボーイ”の中綴じにカラー8ページにわたり西表島特集の記事が掲載されていました、これを見た私は、「これは行くしかない!」と思い立ち後輩 Yを誘い夏休み+有給休暇併せて9日間

の休みを取り西表島へ出かけることにしました

当時のレジャーの主流はテーマパーク、有名観光地、温泉などに出かけるのが多く(今でも?)「西表島へ行く」ために休暇を取るというと周囲の目は冷ややかな、異端児を見るような目で、まあ自分の休暇だから好きなように使えば、という感じでした。

出発は8月第4週目、今考えれば一番ヤバイ時期です

福岡空港から那覇空港を経由し石垣島へ到着、離島桟橋(当時はターミナルではなく桟橋です)から西表島上原へ向かおう、と、ここで場外アナウンス「台風接近の為船浦港(当時、今は上原)行きはこの便が最後となります」ちょうどよかったと乗船、しかしこれが悪夢の始まり今では絶対欠航の中を進んでいきます、窓から外を見ると、波は船の上を超えています、運転席の両サイドから波しぶきが船内に入ってきます(当時は解放だった)生きた心地がしないとは此のこと。無事到着しました、プレイボーイ取材班が泊ったカンピら荘に宿泊します、が台風襲来で二日間何もできません、三日目まだ波が高く海にも行けません、しかし港内で釣りをしている人がいたので行ってみるとじゃんじゃん釣れます、海水が濁って見えませんでしたが相当水深があるのだろうと思いました、しかし透明になってから見ると1m位でした、こんなに浅いのに。

​三日目、つぎの台風が来ます、何もできないので宿の向かいの喫茶店「ロビンソン小屋」の愛犬ロビン(確かデッカイゴールデン)と並んで歩道に座り込みビールを飲んで過ごしました。

 宿の周辺が一番の繁華街、といっても小さい売店の様なスーパー以外何もありませんが唯一レンタルビデオ店がありました、当時はテレビ放送はNHKしかなく、本土で放映されていた​民放の番組を録画した物が商品でした、隣の居酒屋らしきお店の前に生け簀があり中には一キロはゆうに超えそうなガザミが4~5匹入っていました。

台風進路予想図
ノコギリガザミ
翌日周辺を散歩、現在のガソリンスタンドは閉鎖、休業中でした、パイナップル畑が多くありその所々に軽トラックのスクラップが放置してあったのを思い出します、その後スクラップ自働車は山の中に廃車置き場が設けられ
そこに捨てるようになりましたが、現在では全て石垣島の解体業者へ船で搬送しています。
私にとってはお宝の山でしたのに。
​帰りに2kgくらいのヤシガニを発見、残念ながら死んでいました。
ぼちぼち晴れてくれないと思っていたら、三つ目の台風が接近してきました、こうなりゃ少々波が高くても海に出るぞ、1m以上下する波の中をシュノーケリングしました、帰った宿の畳の上でも体が上下していました。
宿では、学生が泊っておりその彼は、星砂海岸で洗面器いっぱいの砂を持ち帰り水を流しながら星砂をより分けていました、たぶん半分以上は星の砂です、今では考えれませんね。
三つ目の台風接近という事で一日予定を繰り上げ石垣で一泊することにしました、当時の社会情勢というか感覚では「台風接近の為帰れません、休暇の延長をお願いします」で事は住むんですが、なんせ往路の船の揺れ、考えただけでぞっとします。
石垣島では「八重山荘」という名前の旅館に泊まりました、いまでもありますよ。そこで驚いたことは、ガラス窓のサッシのカギの太さ、でかい!ずっと後に私はガラス製造工場に転勤するのですが、沖縄向け一般建築ガラスは本土より0,5mm厚いんです、石垣で泊った旅館のサッシが大きかった理由はそこにあったんですね。

 このようにして初めての西表島ツアーは、台風3個襲来で散々でした、しかしこのままではすみませんよね、
​私の西表島移住計画は多分ここから始まったのでしょうね。
上原港周辺
高那周辺
次に西表島を訪れたのは、2年後の夏、今回は大原港近くの民宿「池田屋」にお世話になりました。
やはり台風襲来、2日間何もできません、部屋の窓から折れそうになるほど揺れるヤシの木を眺めながら過ごします
台風通過後レンタルバイクを使用し上原までツーリング。
片道およそ50km、原付バイクには少しキツイ。ノーヘルで走行していたら途中パトカーにマイクで「そこのバイク、ヘルメットをかぶりなさいー!」っと注意されました、注意だけ。
当時、レンタカーは全くありません、レンタルバイク店が1件だけ保有台数も5台あったかな?
この次に西表島を訪れるのはずっと後になります、スクーバダイビングのライセンスを取り沖縄中の海を潜ります
​沖縄の海、奇麗ですからね~、そして移住先を選らんでいくんです。
DSC_0003.JPG

Call 

0980-85-6461

Email 

Follow

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram