〒907-1541

沖縄県八重山郡竹富町

上原 10-175

TEL 0980-85-6461

2004 沖縄県海域レジャー届け出済

所属 西表島カヌー組合

OMSB 水難救助員

  • @greenri46080890
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
ツアーポリシー
西表島の大自然の素晴らしさを肌で直接感じていただきたく少人数(6名まで)低価格、そしてすべてのツアーに昼食を用意しゆったり、のんびりをモットーにツアーを行っています。
ツアーのキャンセルに関して
当日のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します
前日までにご連絡いただければキャンセル料は発生いたしませんので必ず連絡をお願いいたします
又、台風等の気象状況による交通機関の欠航、運休の場合もキャンセル料は発生いたしません
​ツアー安全開催要項及び中止基準
安全開催要項 
お客様のスキル    多くのお客様は初めての方が多いので、漕ぎ方のレクチャー時一人一人をよく観察し
           一人乗り、二人乗りの振り分けを行う。
対象年齢       半日コース 5歳以上  1日コース  小学生より
         ※ 年齢の上限は設定しないが、55歳以上のお客様は足、腰、及び持病の有無を確認する。
         ※ 妊婦の方の参加はできません。
カヌーの保守、点検  乗船時、ひび割れ水漏れの点検を行う(毎回)
           牽引ロープ、及び結び目の確認を行う(毎回)
パドルの保守、点検  シャフトとブレードの取付け部の確認を行う
ガイドの資質と装備  日本赤十字、もしくは OMSBの開催する水難救助員の資格を有すること      
           常時携帯装備はファストエイドキット、ポイズンリムーバ、携帯電話。
ツアー中止基準
  当日の降雨が20mm/h以上の場合、雷が近くにあると思われるとき
  台風の接近、通過が予想される場合
​  いづれの場合もガイドがその場で判断を下しますので安全のため
  ですので従ってください。
レプトスピラ症にご注意ください
​八重山地域(特に西表島)では、例年6月から10月の夏場にかけて、主に河川での遊泳やレジャーの際に「レプトスピラ症」に感染する患者の発生が見られます。毎年数名の方が医療機関で治療を受けています(入院含む)。治療せずに放置すると生命に危険を及ぼす恐れがあります。
​レプトスピラ症とは
​病原性レプトスピラという細菌によって引き起こされる感染症です。
​症状
寒気を伴う39度以上の発熱、頭痛、筋肉痛、目の充血など。
​重症化すると黄疸,腎不全にも。
​感染経路
​ネズミなどの保菌動物の尿で汚染された水や土壌と接触することで感染します。
​潜伏期間
​汚染された水や土壌にふれて感染した後、3~14日(平均10日)
​予防方法
皮膚に傷があるときは川に入らない
川や土壌に入るときは肌を露出しない
河川の水を消毒(煮沸)せずに飲まない
​ネズミなど、素手で野生生物との接触は避ける
もし、体調が川遊びをした後や畑、水田、山林などで作業をした後、3~14日以内に発熱、頭痛、筋肉痛などの症状により体調不良となった場合は、速やかに医療機関を受診してください
​Dangerous