こんな所でカヌー
趣味はサニトラ
趣味は釣り
趣味はでっかい絵を描く
バイクをカヌーに変えて
​代表/ガイド 三戸紀昭 うえの画像が自己紹介です、よろしくお願いします。
ステッカー.png
gr1.png
​「Green River]」は、緑あふれるヒナイ川とCCRの曲「Green River]を合わせたものです
​今からおよそ30年前、ダイビングライセンスを取得し沖縄中を潜ってきました
西表島には20年前、ダイビングに訪れた際4日目にカヌーツアーでナーラの滝コースで島の大自然を身をもって体験、この地でゆったりとして暮らしていけたらと思い18年前に移住し来ました。
ホワイトトンボ
2001年、西表島へ移住、民宿「さわやか荘」で3年間お世話になりました
カヌーガイド、パイナップル畑、宿の食事等を行っていました
​2004年に独立、カヌーツアー「Green River」を設立現在に至っています。
創業以来 安全に、(下記参照)楽しく、丁寧にをモットーにツアーを行っています
西表島の大自然は言葉では説明し尽くせません、是非とも島に降り立ち
​素晴らしさを、肌で感じて下さい。
安全講習会  
毎年、BSL/AED​ 講習会が開催されます
​必ず参加してますよ~
救助訓練  
カヌー組合主催で毎年行っています
山道を担架をもって下るのはかなりきびしいです
​皆さん、怪我をしないように注意しましょう。
水難救助員(OMSB)  
資格有効期限が過ぎていましたので、昨年
試験を受けなおしてきました。
無事合格できました。​
OMSBとは(沖縄マリンレジャーセーフティービューロー)
​の略称で沖縄県内においては日本赤十字と同等の資格です

​カヌー転覆、復元トレーニング

年間を通じ、どうしても数件の転覆が起こります。
​当店のフィールドは川ですので転覆が発生しても両岸どちらかへ行けば足が立ちますので、事故になるような事はありませんが、もしも に備える事は大切ですよね。
転覆の時は、お客様を自分のカヌーに捕まらさせ、次に
転覆したカヌーを逆さまのまま自分のカヌーに引き上げ
水平にします、そうするとカヌーから水が全部抜け落ちますので元に戻します。
コーラル
転覆が発生すると、ツアー全般の雰囲気が下がり気味となってしまいますので、最初のレクチャー時の注意事項を思い出し転覆しないようによろしく。
​  夏場は涼しく楽しいかもね。

​海上保安庁と合同で

海上での訓練も行います
ダイビング組合の主催ですが、カヌー組合員も参加します
海上保安庁との合同訓練になります、この時最も重要なポイントとなるのが、ヘリコプターの風圧、ダウンバーストです
​これが結構キツイ!
八重山海域での海の事故は毎年数件起こっています
​その多くはライフジャケットの未装備です、あとは天候の急変、本人の体調不良等様々な要素があります。
​     安全に西表島をお楽しみください

​竹富町観光案内人条例によるガイド事業者の免許制度がスタートします

令和2年4月1日、竹富町観光案内人条例が施行されました。
西表島の陸域,河川域で自然資源を利活用したガイド事業を行い場合には、
竹富町観光案内人免許の取得が必要になります。
この制度は、ガイド事業の適正化を図り、自然環境や生態系の保全、自然環境資源の
過剰利用の防止と持続可能な利活用を目的とし、地域に根差した質の高いガイドの確保、
育成を​目指します

免許を得た「観光案内人」は、ガイド証を所持し、車両やカヌー等の 機材に、ステッカーが貼られています。

観光案内人ライセンス
カヌーツアーに使用する機材に張り付ける